文字サイズ

診療受付時間

午前
7:00~11:30
午後
12:40~17:00
(土曜休診)
休診
日曜・祝日

時間外の救急外来にて
対応します。
※診療科により
受付時間が
 異なります。

詳しく見る

放射線課|部署紹介

トップ > 部署紹介 > 放射線課

診療放射線技師 11名で X線撮影・マンモグラフィ・胃部X線検査・CT・MRI検査、及び予防医学関連業務を実施しております。スタッフ全員が、受診者の方の事を一番に考えて検査に携わり、精度の向上とX線被ばく低減に努めています。また、常勤の放射線科医(読影医)と協力し、一人ひとりの患者さまに、最適な検査が提供できるように心掛けています。

MRI装置のご紹介       当院のMRI撮影方法はこちら[PDF(8MB)]

(MAGNETOM Verio 3T)

平成23年5月、シーメンス社製(ドイツ)のMAGNETOM Verio 3T(3テスラ)の装置を導入しました。30分程度、検査台に寝ているだけで、色々な角度から、体の断面の写真を撮影することができます。また、色々な種類の画像を撮影する事により、総合的な診断が可能となります。 この装置は1.5T装置に比べ、磁場強度が2倍に強化され、SNR(信号雑音比)と空間分解能が格段に向上しました。その結果、多くの診療情報を画像として引き出すことが可能となりました。 開口部(中央のトンネル)の直径は70cmあり、内部の空間は驚くほど広くなっています。体の大きな方や閉所恐怖症の方でも、圧迫感を軽減できる装置です。

CT装置のご紹介

(Aquilon Prime)

CT装置はX線を放出する管球とその検出器が対となり、患者さまの体の周りを回転してデータを収集しコンピュータで断層画像に再構成・表示します。最近は体軸方向に複数の検出器を並べて一回転で多くのデータが収集できるMDCTと呼ばれる装置が主流となっています。当院では平成26年12月に検出器が8列並んでいるMDCTから東芝メディカル社製80列のMDCTに更新しました。 この装置により全ての領域でより高速に、より精密にデータ収集が可能となりました。また被ばく低減を実現する逐次近似再構成法や従来画質が低下していた体内金属周囲の描出力を向上させる機能も搭載しています。

一般撮影装置のご紹介

(REGIUS(CR)・PLAUDR C30 (FPD))

一般撮影(X線単純撮影)は、コニカミノルタ社製のCR・FPD装置を使用しています。 CR・FPD装置は、コンピュータを利用し、胸部や腹部、骨等のX線撮影を行う装置です。コンピュータで画像処理を行うので、従来のX線写真に比べ、撮影した画像を迅速に主治医に送り届ける事ができ、患者さまの待ち時間が短くなります。またデジタル画像のため劣化の心配もありません。

X線TV装置のご紹介

(TV-Plessart・TV-ZEXIRA)

東芝社製の2台のX線TV装置を使用しています。1つは主に胃のバリウム検査に用いられるDR(デジタル レントゲン)装置、もう1つはFPD(フラットパネル検出器)を搭載した多目的に使用できるFPD装置です。 X線TV装置は、X線を連続して照射することにより、TV画面にリアルタイムで、観察部位が映し出される装置です。観察をしながら向きを変えたり、圧迫したりして、最適な状態を撮影することができます。例えば、カテーテルや内視鏡がどこまで進んでいるかを知りたい時に、リアルタイムで観察できます。指に異物が刺さって、表面から見えない時でも観察しながら除去できます。骨折したときには、折れた骨の状態を観察しながら、整復する事も出来ます。 FPDは、X線感度が高く、少ないX線量で対象物を観察することが可能です。また、寝台が上下する機構を備えており、患者さまの乗り降りや移動の際に、優しい装置となっています。

乳房X線撮影装置

(LORAD M-Ⅳ)

乳房X線撮影装置は、日立 LORAD M-Ⅳを使用しています。 マンモグラフィ撮影は、触診では分からない「乳ガン」の早期発見に有効とされています。また、触診で見つかった乳房のしこりや、石灰化が良性か悪性かを診断するのに役立ちます。 マンモグラフィ検査精度向上を目的とし、日本乳がん検診学会など6学会で組織した「マンモグラフィ検診精度管理中央委員会」では認定試験を実施しており、一定以上の成績を上げた医師・技師・施設に対して認定を行っています。当院は、医師・技師・施設の3つ全ての認定を取得しており、マンモグラフィ撮影は認定を受けた女性技師が担当します。 外来診療には日本乳癌学会の認定を受けた専門医師、認定医師(女性医師)が診察・治療を担当させて頂いています。増加傾向にある乳がん対策として、多くの女性に安心してマンモグラフィ検査を受けて頂くため、検査を受けやすい環境を整え、検査精度の向上を目標にしています。

検査機器共同利用窓口(医療機関のみ)

検査機器共同利用はこちら[PDF(92.6KB)]

お問い合わせ

一般財団法人 淳風会 倉敷第一病院

;086-424-1000


FAX 086-421-4254
〒710-0826 倉敷市老松町5-3-10

ü