文字サイズ

一般財団法人淳風会

メニュー

淳風会の理念とあゆみINFORMATION

ホーム > 淳風会の理念とあゆみ

淳風会の理念

予防医学(健康) 一般医療・治療(疾病) 老後まで(介護)

一貫して関わり、総合的な視野で取り組み、それぞれの隙間を埋めていく。



個人の終生にわたり予防医学から高齢者福祉事業まで健康管理に携わり

患者・利用者の立場・視点で最良のサービスの提供に努める。



職員は、一人ひとりが財団を支える礎であり、所属する施設一つだけにとらわれず、

各施設協力、協調しながら運営に携わる。

淳風会のあゆみ

昭和

昭和31年4月
財団法人淳風会設立初代理事長に原勝巳が就任

旭ヶ丘原病院(136床)、西中山下外来診療所
昭和38年5月
倉敷第一病院開設(45床)
昭和39年11月
健診事業部設置旭ヶ丘原病院内に事務所設置
昭和39年12月
倉敷第一病院増床(82床)
昭和41年8月
倉敷第一病院増床(168床)
昭和44年5月
倉敷第一病院、救急センターを新設
昭和46年3月
健診事業部、成人病センターを新築し移転柳川成人病センター診療所に改称する
昭和47年5月
旭ヶ丘病院、新築完成し旭ヶ丘原病院改め旭ヶ丘病院 と改称する(136床)
昭和51年2月
初代理事長原勝巳死亡により、後任理事長に原勇が就任
昭和51年5月
健診事業部、労働衛生コンサルタント事務所設置
昭和51年6月
健診事業部、作業環境測定室を設置
昭和52年3月
倉敷第一病院新館新築工事完成(191床)
昭和52年11月
柳町診療所を開設
昭和53年7月
倉敷第一病院、歯科を開設
昭和55年2月
健診事業部、環境計量証明事業の開始
昭和60年2月
健康管理センター新築工事完成、健診事業部柳川より移転し、組織を健康管理部、環境管理部、 健康増進部とする。柳町診療所を閉鎖し、大供診療所を開設
昭和60年3月
柳川成人病センター診療所を柳川診療所と改称

健康増進部「淳風ヘルスクラブ」の業務を開始
昭和60年7月
健康管理部、指定教習機関に指定される
昭和61年6月
理事長交代 理事長に原義人就任する

前理事長原勇は淳風会会長に就任
昭和62年9月
淳風会 公衆衛生活動に対して厚生大臣表彰を受ける

平成

平成元年7月
淳風会 労働者健康保持増進サービス機関全国第一号で認定される
平成元年11月
理事長 原義人 藍綬褒章を受賞する
平成3年2月
柳川診療所、新館増築工事を完成する
平成3年3月
健診事業本部、新築工事完成出張健診部門移転
平成3年5月
柳川診療所、本館改修工事完了する
平成6年9月
岡山県の病床変更許可を受け、結核病棟の一部を一般病棟に変更
平成6年9月
倉敷第一病院、南館竣工
平成7年9月
倉敷第一病院、本館改修工事完了、人間ドック、健診センターを開設する
平成8年1月
倉敷第一病院、開放型病院として許可を得る
平成8年5月
倉敷第一病院、老人デイケアを開始
平成9年8月
倉敷第一病院、岡山県の病床変更を受け、一般病床の一部を療養型病床に変更する
平成11年4月
クライアント・サーバー型健診システムHi-Net/CSの稼動開始

日立7600生化学分析装置の稼動開始
平成11年8月
倉敷第一病院、(財)日本医療機能評価機構、病院機能評価 複合A認定
平成11年10月
倉敷第一病院、介護保険法による居宅介護支援事業者に認定される
平成11年11月
健康管理センター、労働衛生機関評価機構より岡山県下初の労働衛生評価施設に認定される
平成12年3月
健康管理センター、旭ヶ丘病院、旭ヶ丘訪問看護ステーション

日本プライマリ・ケア学会認定医研修施設群に認定される
平成12年4月
倉敷第一病院、介護保険法による通所リハビリテーション、介護療養型医療施設、短期入所療養介護、生活保護法による指定介護機関に認定される
平成12年5月
淳風会 ホームページ開設
平成12年7月
旭ヶ丘病院、本館改修工事完了する
平成13年3月
理事長交代 理事長に原一穂就任する

前理事長原義人は淳風会会長に就任
平成13年10月
健康管理センター環境管理部、国際標準化規格「ISO9002」を認定取得
平成14年10月
倉敷第一病院、日立オープン型MRI APERTO導入
平成15年3月
旭ヶ丘病院、健診部内の充実を図る為の改修工事完了する
平成15年9月
健康管理センター、健診事業本部、禁煙実施施設に認定される
平成15年9月
柳川診療所、柳川居宅介護支援事業所開設
平成15年10月
柳川診療所、柳川デイサービスセンター開設
平成15年10月
多目的健診車導入
平成15年10月
健康管理センター、健診事業本部、柳川診療所、健康市民おかやま21推進宣言施設に認定される
平成15年10月
健康管理センター、健診事業部、柳川診療所、旭ヶ丘病院、グリーンカンパニー活動

参加事業所に認定される
平成16年1月
健康管理センター、リフレッシュドック(心の健康診断)開設
平成16年3月
倉敷第一病院、西館建築
平成16年4月
倉敷第一病院、呼吸器センター開設
平成16年4月
旭ヶ丘病院、内視鏡センター リニューアル
平成16年5月
倉敷第一病院、デイサービスセンター西館内に開設
平成16年6月
健康管理センター、メンタルサポートサービス(EAP)開始
平成16年7月
倉敷第一病院、禁煙実施施設に認定される
平成16年8月
倉敷第一病院、(財)日本医療機能評価機構、病院機能評価 審査体制区分2(Ver. 4.0)認定
平成16年10月
健康管理センター、日本消化器集団検診学会指導施設に認定<指導施設第151号>
平成16年10月
倉敷第一病院、一般病床の一部を療養病床に変更(一般105床、療養86床)
平成16年12月
倉敷第一病院、地域連携室、医療相談室を南館に移設
平成17年1月
倉敷第一病院、ヘリカルCTよりマルチスライスCTに更新、導入
平成17年7月
倉敷第一病院、総合リハビリテーション施設承認
平成17年11月
倉敷第一病院、北館建築着工
平成17年12月
健康管理センター、西館増築、既存全面改装着工
平成18年3月
旭ヶ丘病院、結核病床30床廃止
平成18年4月
淳風会 財団設立50周年
平成18年8月
健康管理センター、西館完成、CT更新、MRI導入、電子カルテ導入、健診システム更新
平成18年9月
倉敷第一病院、協力型臨床研修病院に指定される
平成19年6月
倉敷第一病院、DPC準備病院として厚生労働省に調査協力
平成19年11月
倉敷第一病院、療養病床を一般病床に変更(一般191床)
平成19年12月
倉敷第一病院、北館建築工事完了、西館改修工事完了、内視鏡センター開設
平成20年1月
倉敷第一病院、本館改修工事着工
平成20年3月
倉敷第一病院、エックス線装置更新
平成20年3月
旭ヶ丘病院、エックス線装置更新
平成20年3月
柳川診療所、エックス線装置更新
平成20年4月
柳川診療所、精神科・心療内科の診療を開始
平成20年5月
倉敷第一病院、健康管理センターリニューアル
平成20年6月
倉敷第一病院、緩和ケア病棟開設
平成20年9月
倉敷第一病院、本館改修工事完了
平成20年12月
倉敷第一病院、オーダリングシステム導入
平成21年1月
倉敷第一病院、エックス線装置更新
平成21年2月
倉敷第一病院、電子カルテ導入、人間ドック健診施設機能評価施設認定
平成21年2月
柳川診療所、デイサービスセンターを廃止
平成21年3月
柳川診療所、居宅介護支援事業所を廃止
平成21年3月
柳川診療所、一般診療(内科・呼吸器科・胃腸科)及び人間ドック・健診業務を休止
平成21年4月
柳川診療所、メンタルクリニックに改称し精神科・心療内科とする
平成21年7月
倉敷第一病院、DPC対象病院として稼動
平成21年12月
倉敷第一病院、(財)日本医療機能評価機構、病院機能評価 審査体制区分2(Ver. 6.0)認定
平成22年1月
健康管理センター、集団健診部にデジタル検診車導入
平成24年4月
一般財団法人へ移行
平成25年10月
健康管理センター集団健診部、巡回健診システム「スマート・ワン」導入
平成26年9月
健康管理センター、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証取得
平成27年3月
メンタルサポートセンター、健康管理センター北館に移転
平成27年4月
柳川メンタルクリニック、健康管理センター本館に移転
平成27年4月
健康管理センター北館、岡山淳風会タニタ食堂オープン
平成28年4月
健康管理センター倉敷 移転
ü