文字サイズ

診療受付時間

午前
9:00~12:00
午後
14:00~17:00
(土曜休診)
休診
日曜・祝日
詳しく見る

スタッフブログ

トップ > スタッフブログ

6月2015

院内研修 ~口腔ケア~

2015.06.18

今日は、NST委員会主催の院内研修が行われました。

テーマは『口腔ケアの大切さ 寝たきりの方への口腔ケア方法』。

日頃から、当院の入院患者様(希望者)の口腔ケアを担当して下さっている『はなふさ歯科医院』様にご協力いただき、講師を務めていただきました。

 

2015061813150000.jpg

 

口腔ケアは口臭や虫歯、歯周病の予防のみならず、誤嚥性肺炎などの全身感染症の予防にも関係しています。

寝たきり患者様の多い当院では、非常に重要なケアのひとつになります。

 

2015061813290000.jpg  ←口腔ケアの7つ道具(?)

 

歯ブラシひとつにしても、形や固さなど、様々なものがあるそうです。

スポンジブラシやウェッティ、保湿剤など、私たちが日頃、目にする機会が少ないものもありました。

 

日頃から、当院の患者様を担当して下さっているだけあり、当院の現状にあわせた分かりやすいお話を聞くことができました。

今回の研修で学んだことを、患者様のケアに生かすことができるようにしたいです。

 

(H)

43回目の開院記念日

2015.06.03

 

6月1日は旭ヶ丘病院の43回目の開院記念日でした。

(投稿が、遅れてしまいました・・・。)

朝一番に職員全体の朝礼が講堂で行われ

院長から職員に向けてさまざまな話がありました。

2015060108300000.jpg

 

2015060108290000.jpg

旭ヶ丘病院のルーツは、

初代理事長、原勝巳先生が「原医院」を開業されたのが昭和6年。

当時は、不治の病とされていた「結核」の治療を中心とした医療機関でした。

その後、昭和31年に「財団法人淳風会」を設立。

 

昭和47年、今の建物が完成し「旭ヶ丘原病院」から改称

「旭ヶ丘病院」として新たなスタートを切ることになりました。

今年は、その昭和47年から数えてちょうど43年になります。

 

このような、旭ヶ丘病院、財団法人の歴史についての説明や

今後の展望、当院の役割、院長ご自身の信念など、時間をかけた丁寧な話が職員に向けてありました。

 

その中で院長が特に大切にしていること

職員に心がけてもらいたいこととして、

 

①かかりつけ医としてのこころ

②全人的な視点をもつこと

 

この二つが挙げられました。

今の医療は、機能分化が進み医療機関の役割が細分化されています。

それも重要なことですが、

院長はかかりつけ医として、まず自分が診て判断する

患者様を全人的な視点で総合的にケアしたい

何でも相談できる、患者様にとっての良医でありたい

 

そんな、院長の気持ちが強くあらわれた開院記念日でした。

 

 

 

DSC_1793

1階ロビーにあるモザイク画の壁画は、初代理事長 原勝巳先生の作品です。

 

 

(S)

 

 

1 / 11
ü