文字サイズ

診療受付時間

午前
9:00~12:00
午後
14:00~17:00
(土曜休診)
休診
日曜・祝日
詳しく見る

スタッフブログ

トップ > スタッフブログ

台風一過

2018.09.06

台風21号も通り過ぎ、岡山の空は、秋空の様相を呈してきました。

日中は、30度を超える日もありますが、朝晩はすっかり涼しくなりました。

一日の中でも温度変化が激しく、体調を崩しやすい時期ですので、注意をしていきましょう。

 

 

rps20180906_080512

 

7月の西日本豪雨より、早いもので2ヶ月が経過いたしました。

皆様にご迷惑・ご心配をおかけいたしております当院裏山の土砂崩れですが、着々と復旧工事が進んでおります。

工事車両の出入りや騒音等で、患者様・受診者様には引き続きご迷惑をおかけしますが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

rps20180906_080455

 

今朝も、北海道地方で大きな地震が発生したようです。

まだまだ、台風の季節も続きます。

天候の変化にも留意しつつ、元気に秋を乗り切りましょう。

 

(H)

院内研修 ~褥瘡対策検討委員会~

2018.07.26

今日は、褥瘡対策検討委員会主催の院内研修がありました。

「身体にかかる圧の影響と対策」と題し、褥瘡の基本から、実際に体圧測定をしながらの実技まで幅広いお話をいただきました。

 

rps20180726_134624

 

rps20180726_134642

 

褥瘡発生の原因として「圧、ずれ力」があるというのは広く知られたことだと思います。

今回「痛みやしびれなどの不快な状態の先に、発赤・褥瘡がある。発赤が起こったときには、それまでに、患者様は不快な思いをされている」という説明がありました。

今まで「発赤があるから、ひどくならないように注意しよう」と思い対策をすることはあっても、その状態に至るまでの患者様のしんどさや不快感まで、思うことはありませんでした。

今後は、発赤だからと軽く考えるのではなく、患者様にしんどさ、不快感を与えることのないようにしていきたいと思います。

 

 

rps20180726_134659

 

rps20180726_134723

 

rps20180726_134743

 

体圧測定では、エアマットとウレタンマットの違いや、寝ているとき、膝を立てているとき、ベッドを起こしているときなど、それぞれの場面での圧のかかり方が色別に表示され、非常に分かりやすかったです。

 

今回の研修で学んだことを、今後、患者様におかえしすることができるよう、日々の業務に活かしていきたいと思います。

 

(H)

8月の診療について

2018.07.23

8月の診療はカレンダー通りとなります。

お盆(13~15日)期間も、診療を実施したします。

 

なお、大雨の影響で一時通行制限されておりました正面玄関は、現在使用可能な状態となっております。

一部、土のうがあり、足元が悪い状態が続いておりますが、気をつけて来院ください。

 

連日35度を超す猛暑となっております。

十分な水分補給・休息をとり、熱中症にかからないよう、お気をつけください。

 

(H)

ご迷惑、ご心配をおかけしております。

2018.07.10

先週末より発生いたしました西日本豪雨にて被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

当院におきましても、7月6日(金)夕方、当院裏山の斜面で土砂崩れが発生いたしました。

幸い、病院建物や入院・外来の患者様、職員に被害はありませんでしたが、一時、正面玄関にも汚泥が侵入し、正面玄関の使用ができない状態となっておりました。

 

復旧作業の結果、本日10日(火)時点で、正面玄関が、仮復旧の形ではありますが使用できるようになっております。
駐車場から玄関までの通路部分が狭く、足下が不安定な状態となっておりますので、お気をつけて来院ください。
また、車椅子や歩行器を使用されている方など、介助が必要な場合は、遠慮なく、病院スタッフにお声かけください。

 

rps20180710_124216

 

今後、作業の都合で、一時的に正面玄関が使用できなくなることが予想されます。

その際には、道路沿い南西側入り口を利用していただくことになりますので、ご理解・ご協力の程お願いいたします。

 

rps20180710_124404

 

↑ 国道より来院、正面玄関への坂を通り過ぎ

 

rps20180710_124430

 

↑ 道路沿い南西側の入り口

 

 

(H)

院内研修 ~職員安全衛生管理委員会~

2018.06.28

今日は、職員安全衛生管理委員会主催の院内研修がありました。

当院の作業療法士が、腰痛についての話をしたあと、簡単なストレッチの指導を行いました。

 

rps20180628_141319

 

rps20180628_141335

 

病院は、座って仕事をすることの多い職種、立って仕事をすることの多い職種、患者様や受診者様などに直接ふれ介助をすることの多い職種など、様々な勤務内容のスタッフがいます。それぞれ、原因は異なるものの、腰痛を感じるスタッフが多くみられるのが現状です。

 

rps20180628_141403

 

rps20180628_141348

 

rps20180628_141420

 

今日は、仕事の合間に、座ったまま・立ったままできるストレッチをみんなで行いました。

腰痛が慢性化することなく、患者様・受診者様に笑顔で接することができるよう、ストレッチなどできることを行っていこうと思います。

 

(H)

1 / 11
ü