文字サイズ

診療受付時間

午前
9:00~12:00
午後
14:00~17:00
(土曜休診)
休診
日曜・祝日
詳しく見る

スタッフブログ

トップ > スタッフブログ

ご迷惑、ご心配をおかけしております。

2018.07.10

先週末より発生いたしました西日本豪雨にて被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

当院におきましても、7月6日(金)夕方、当院裏山の斜面で土砂崩れが発生いたしました。

幸い、病院建物や入院・外来の患者様、職員に被害はありませんでしたが、一時、正面玄関にも汚泥が侵入し、正面玄関の使用ができない状態となっておりました。

 

復旧作業の結果、本日10日(火)時点で、正面玄関が、仮復旧の形ではありますが使用できるようになっております。
駐車場から玄関までの通路部分が狭く、足下が不安定な状態となっておりますので、お気をつけて来院ください。
また、車椅子や歩行器を使用されている方など、介助が必要な場合は、遠慮なく、病院スタッフにお声かけください。

 

rps20180710_124216

 

今後、作業の都合で、一時的に正面玄関が使用できなくなることが予想されます。

その際には、道路沿い南西側入り口を利用していただくことになりますので、ご理解・ご協力の程お願いいたします。

 

rps20180710_124404

 

↑ 国道より来院、正面玄関への坂を通り過ぎ

 

rps20180710_124430

 

↑ 道路沿い南西側の入り口

 

 

(H)

院内研修 ~職員安全衛生管理委員会~

2018.06.28

今日は、職員安全衛生管理委員会主催の院内研修がありました。

当院の作業療法士が、腰痛についての話をしたあと、簡単なストレッチの指導を行いました。

 

rps20180628_141319

 

rps20180628_141335

 

病院は、座って仕事をすることの多い職種、立って仕事をすることの多い職種、患者様や受診者様などに直接ふれ介助をすることの多い職種など、様々な勤務内容のスタッフがいます。それぞれ、原因は異なるものの、腰痛を感じるスタッフが多くみられるのが現状です。

 

rps20180628_141403

 

rps20180628_141348

 

rps20180628_141420

 

今日は、仕事の合間に、座ったまま・立ったままできるストレッチをみんなで行いました。

腰痛が慢性化することなく、患者様・受診者様に笑顔で接することができるよう、ストレッチなどできることを行っていこうと思います。

 

(H)

院内研修 ~医療安全管理対策委員会~

2018.06.22

6月21日、医療安全管理対策委員会主催の院内研修会が行われました。

岡山県赤十字血液センター様のご協力で「輸血用血液製剤の取り扱いと供給体制について」と題し、お話をうかがいました。

当院でも、高度貧血の方を中心に、頻度は高くありませんが、輸血を行うことがあります。

今回は、輸血の特徴や血液製剤の種類、保管や取り扱い時の注意など、基本的なことを中心にお話いただきました。

 

rps20180621_134714

 

rps20180621_134652

 

rps20180621_134606

 

rps20180621_134517

 

コメディカルスタッフや事務系スタッフにとっては、初めて聞く話も多く、非常に興味深く聞くことができました。

研修のはじめに、輸血の特徴のひとつとして「善意の献血者の血液から製造された有限で貴重な医薬品」であるとお話されていました。

私も、機会があれば、献血を行いたいと思います。

 

(H)

梅雨入り

2018.06.06

昨日(6月5日)、「中国地方が梅雨入りしたとみられる」と発表がありました。昨年より15日、平年より2日早い梅雨入りだそうです。

梅雨時期は、気候の変化や温度の変動が激しく湿度も高く、体調を崩しやすい時期となります。

しっかりと水分をとり、生活のリズムを整えるようにしましょう。また、天気予報で気温の変化に注意をし、その日の気温にあった服装を心がけましょう。

 

病院の中・外には、紫陽花がきれいに色づいています。

うっとうしい季節ではありますが、紫陽花の花に癒されてみませんか。

 

rps20180606_123055 rps20180606_123026

 

rps20180606_123142

 

rps20180606_123220

rps20180606_123236  rps20180606_123005

 

(H)

院内研修 ~院内感染防止対策委員会~

2018.05.31

5月31日、院内感染防止対策委員会主催の院内研修が行われました。

感染防止対策の『基本中の基本』ともいえる手洗いの実技を中心に、院内感染症の基本、スタンダードプリコーションについてなど、分かりやすいお話もありました。

看護部スタッフを中心に、事務スタッフ、コメディカルも数多く参加していました。

rps20180531_132156

実技では『手洗いが上手にできているか』と『手袋着用時の汚染について』の2グループに分かれて行いました。

いずれのグループも、模擬汚れとなる専用のローションをつけ、いつものように、手を洗ったり、手袋をはずした後に確認をすると…。

きれいに洗ったはずの手や手袋でカバーしていたはずの手に汚れが見られ、あちこちから「あれ~?」「きれいになっとらんが!!」といった声が聞こえてきました。

 

★ローションをつけた様子を確認中

rps20180531_132217

 

rps20180531_132235

★手洗い前

rps20180531_132346

★手洗い後

rps20180531_133018

★手袋装着中

rps20180531_132924

★手袋をはずしたところ

rps20180531_132940

きれいに光っている部分が、汚れの残っている部分です。

 

この手洗い研修は、毎年実施しています。

繰り返し研修を行うことで、日々の業務の中でも手洗い技術が向上し、感染防止につながるものと考えています。

 

(H)

1 / 11
ü