選ばれる理由

Reason to be selected

選ばれる理由

  • 週1日
    短時間から
    勤務OK

  • 時間外勤務
    原則なし

  • 当直
    オンコール
    なし

ご家庭やお子様の年齢による勤務希望に対して柔軟に対応し、
ワークライフバランスの整った環境で働いていただける体制をつくっています。

医師

女性が働きやすい環境づくりのために
充実のサポート体制

働きやすさUP 子育て家庭をバックアップ

親子

育児費用補助と家族手当支給

出産後も継続して仕事を続けるため、時短勤務制度などの勤務体制の改善だけでなく、費用面でのサポート体制も実施。職員の声を反映しながら毎年改善、見直しを行っています。

①育児費用補助(保育所費用の補助)
対象者:育児休業からの復職女性医師
エキスパート職員(週35時間以下勤務) 月額16,000円(復職後2年間)
短時間職員(週20時間未満勤務) 月額8,000円(復職後2年間)

②税法上扶養する子供への家族手当支給
エキスパート職員(週35時間以下勤務) 月額6,000円
短時間職員(週20時間未満勤務) 月額2,000円

職員の健康づくりUP 医療費補助制度

医療イメージ

職員とその家族の健康維持を経済援助

職員本人が財団の各施設を受診した場合、医療費を全額補助しています。また、職員の親や子供(一親等以内)が受診あるいは予防接種の場合も、費用補助を受けることが可能です。

職員本人の体調不良時の受診などに
かかる医療費を全額補助

インフルエンザの予防接種等の場合も
費用補助を受けることが可能 ※職員の親や子供(一親等以内)も費用補助の対象

※勤務時間に関わらず、税法上の主たる給与支払先が淳風会となる方が対象

職員の健康づくりUP がん検診 全額費用補助

診察する医師と患者

職員の各種がん検診受診率向上を促進

乳がん検診をはじめとする各種がん検診を自己負担金なしで受診できるように費用補助を行っています。女性は20歳以上から子宮がん検診も受診可能。

また、一般的な健康診断や生活習慣病予防健診(大腸がん含む)も受診できます。費用の心配がないため、早期発見が大切ながんの検診受診率を高めています。

女性職員の乳がん検診受診率向上
受診率80%以上の高水準を維持!

※勤務時間に関わらず、税法上の主たる給与支払先が淳風会となる方が対象

職員の健康づくりUP ロングライフサポート制度

ロングライフサポート制度

保険料は財団が全額負担いたします

がん、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病になった際、見舞金として100万円支払われる三大疾病保険制度と、病気やケガで入院した時、1日につき3,000円給付される無配当団体医療保険に、淳風会が保険料を負担して、希望者全員に付保します。

がん、急性心筋梗塞、脳卒中の
三大疾病時、見舞金として100万円

病気やケガでの入院時、1日につき
3,000円の給付

※対象:社会保険加入者または契約期間が2年以上の雇用契約を結ぶ医師
※2022年10月より適用開始予定