文字サイズ

一般財団法人淳風会 環境管理課

メニュー

事務所

;086-281-5050
FAX 086-282-5333
住所 / 岡山市南区古新田1112

分析室

;086-252-1355
FAX 086-214-3290
住所 / 岡山市北区万成東町3-1

石綿(アスベスト)分析業務

トップページ > 石綿(アスベスト)分析業務

石綿(アスベスト)に関する業務

労働安全衛生法施行令の第6条第23項において、石綿(アスベスト)は「その重量の0.1%を超えて含有する製剤その他の物」と定義しています。


当環境管理課には、(社)日本作業環境測定協会が認定した
「石綿分析に係るクロスチェック事業Aランク認定分析技術者」がいます。
正確な石綿測定・分析をお約束します。


石綿(アスベスト)含有に係る定性・定量分析業務

H17年7月1日より施行の「石綿障害予防規則」により、建築物等の解体作業等を行うときは、石綿の使用の有無を目視、設計図書等により調査し、その結果を記録しておかなければなりません。
調査の結果、石綿使用の有無が不明である場合は、さらに分析により調査を行い、その結果を記録しておかなければなりません。
※H18年9月1日より施行の改正石綿障害予防規則(石綿を0.1%を超えて含有するものを規制の対象とする)にも対応しており、6成分(クリソタイル・アモサイト・クロシドライト・トレモライト・アクチノライト・アンソフィライト)の分析を行なっております。まずはお問い合わせください。

石綿分析業務の流れ石綿分析業務の流れ

【石綿含有分析についてのお問い合わせ】

 (分析グループ)

 岡山市北区万成東町3-1 TEL : 086-252-1355 FAX : 086-214-3290

石綿分析調査の様子1  石綿分析調査の様子2

位相差顕微鏡による石綿の写真  局所排気装置の改善

石綿(アスベスト)含有の定性・定量分析

石綿(アスベスト)粉じんの濃度測定業務(計数分析)

石綿(アスベスト)含有建材の除去等工事を行う際には,国土交通省発行の「建築物解体工事仕様書」に石綿(アスベスト)粉じん濃度測定を規定しています。

解体工事現場や空気中の石綿粉じん濃度を測定します。
その他、石綿作業特別教育も行っております。

石綿(アスベスト)診断

(社)日本石綿協会が認定したアスベスト診断士が、既存建築物に使用されている石綿に関する管理のあり方、
あるいは解体前の事前診断等へのアドバイスを行なっております。



1. 建築物/工作物のどこにアスベストが使用されているかの診断

2. 建築物/工作物に使用されているアスベストの処理要否診断

3. 建築物/工作物の解体等処理工事に対する適正工事のチェック診断

4. 建築物/工作物の解体等処理工事に従事する作業者に対する教育講師

【石綿粉じんの濃度測定や診断に関するお問い合わせ】

 (測定グループ)

 岡山市南区古新田1112 TEL : 086-281-5050 FAX : 086-282-5333



ありませんか









ü